B型肝炎の二次感染者が給付金の支給を請求する場合、母子感染によってB型肝炎に感染したことを証明しなければなりません。これが要件になってくるためですが、証明をどうやって行っていくかが重要になってくるでしょう。

相談二次感染者であるということで、母子感染という経路を証明することになります。母親が一次感染者であることを証明するのが最初になってくるでしょう。一次感染者の要件は定められているため、母親が証明要件を満たしていることを確認していかなければいけません。自分自身もB型肝炎ウイルスに持続感染していることを証明するのも同時におこなっていくことになるでしょう。これらをすべて満たして初めて給付金請求の要件を満たしますが、証明するのは実際に簡単なことではありません。

そのうえで裁判所に提訴することになってきますが、弁護士に依頼するというのが一般的です。自分自身でもできますが、実際に訴訟を起こすのは簡単なことではありません。さまざまな知識も必要になり、手間もかかります。慣れた人であれば問題はありませんが、そういった人は少ないでしょう。弁護士に依頼すれば、こうした問題はすべてクリアできますので、まずは相談してみるのがポイントです。