相談する
画像出典 {B型肝炎訴訟・給付金請求なら弁護士法人アディーレ法律事務所}

母子感染によってB型肝炎に二次感染したというかたちで給付金請求をする場合、裁判所に提訴しなければいけません。裁判所では要件を満たしていれば、和解調書を作成することになります。ここから給付金を請求することとなり、実際に受給するというのが流れです。B型肝炎の感染者を証明して裁判所に提訴することになるのは、決して簡単ではないことがわかるでしょう。

弁護士に依頼して進めることがスムーズなのは理解できても、いったいどんな方法で進めたらいいのかわからないと思う人が大半です。弁護士に依頼すれば、すべて自分でおこなう必要がなくなります。法律の専門家である弁護士ですので、スムーズに進められるからです。B型肝炎給付金請求を得意としている弁護士であれば、さらに簡単になるでしょう。必要書類の準備から始まり、提訴までほとんど手間がかかりません。

自分でおこなえば、時間と手間を掛けることになってきます。訴訟の経験でもあれば、流れも理解できるはずですが、実際に書類を集めるだけではなく、どうやって裁判所に提出するのか、基礎的なところからいかなければいけないでしょう。最近では無料相談をおこなっているところも増えていますので、心配せずに相談から始めてみるといいでしょう。