注射B型肝炎は、集団予防接種のときに注射針を使いまわししたことが大きな原因となって、感染を拡大していきました。この経路で感染した方を一次感染者と呼びます。B型肝炎に対して、注射針という直接的な要因で感染した方を指していますが、B型肝炎給付金の支給を受け取れるのは、わかりやすいところでしょう。この一次感染者の方から広がった二次感染者に関しても受け取りが可能ですが、二次感染者とは母子感染を指しています。

大きな社会問題となりましたが、母子感染者とは、母親がB型肝炎の一次感染者だった場合に置きました。母親から子どもへと感染経路が拡大した状況で、生まれた段階からB型肝炎に感染してしまっています。経路を調べてみたら、母親だけではなく、兄弟を含め家族がみなB型肝炎に感染してしまっているといったケースも数多くみられるほど、多くの感染者を生み出したのです。

当然ですが、その原因は集団予防接種にあることから、給付金の支給ができるようになっています。自分と母親以外でも、兄弟全員で訴訟を起こすことになりますが、母子感染が原因になったことを証明しなければいけません。給付金のネックとなる部分ですが、弁護士に依頼すればかなりスムーズに進めることができるでしょう。