お母さん浸透ということでも、さまざまなメディアで取り上げられるようになり、B型肝炎はかなり知られるようになりました。条件次第ではありますが、B型肝炎になった経路によって、国から給付金の支給を受けることも可能です。条件として重要なのが、昭和23年から63年あたりに集団予防接種を受けた経験があるというところです。この集団予防接種が原因でB型肝炎に感染してしまったようなケースは、給付金を受け取ることができる可能性が出てきます。日本でB型肝炎の感染者が急増して行きますが、背景に注射針の使いまわしがありました。今ではまず行われていないことですが、当時はまだ当たり前だったからです。

現代では、注射針の使いまわしは考えられなくなり、使い捨ての注射針を使うようになりました。今ほど衛生管理に関して気をつけていなかった時代であり、感染などの問題も意識されていなかったのです。結果として大勢のB型肝炎感染者をだしてしまう結果となり、母子感染といった問題まで発展していくことになります。

一次感染者から母子感染である二次感染者であっても、給付金の請求ができるようになっています。B型肝炎の母子感染は大きな問題であり、見逃すことができません。給付金の請求に関して言えばさまざまな知識も必要になりますし、時間も必要になってくるのがポイントです。さまざまな条件下で請求ができるようになっていますので、参考にしながら進めてみるといいでしょう。