母子感染によるB型肝炎でも給付金を受けられる

一次感染者から母子感染である二次感染者であっても、給付金の請求ができる!

弁護士の利用

相談する
画像出典 {B型肝炎訴訟・給付金請求なら弁護士法人アディーレ法律事務所}

母子感染によってB型肝炎に二次感染したというかたちで給付金請求をする場合、裁判所に提訴しなければいけません。裁判所では要件を満たしていれば、和解調書を作成することになります。ここから給付金を請求することとなり、実際に受給するというのが流れです。B型肝炎の感染者を証明して裁判所に提訴することになるのは、決して簡単ではないことがわかるでしょう。

弁護士に依頼して進めることがスムーズなのは理解できても、いったいどんな方法で進めたらいいのかわからないと思う人が大半です。弁護士に依頼すれば、すべて自分でおこなう必要がなくなります。法律の専門家である弁護士ですので、スムーズに進められるからです。B型肝炎給付金請求を得意としている弁護士であれば、さらに簡単になるでしょう。必要書類の準備から始まり、提訴までほとんど手間がかかりません。

自分でおこなえば、時間と手間を掛けることになってきます。訴訟の経験でもあれば、流れも理解できるはずですが、実際に書類を集めるだけではなく、どうやって裁判所に提出するのか、基礎的なところからいかなければいけないでしょう。最近では無料相談をおこなっているところも増えていますので、心配せずに相談から始めてみるといいでしょう。


感染経路の証明

B型肝炎の二次感染者が給付金の支給を請求する場合、母子感染によってB型肝炎に感染したことを証明しなければなりません。これが要件になってくるためですが、証明をどうやって行っていくかが重要になってくるでしょう。

相談二次感染者であるということで、母子感染という経路を証明することになります。母親が一次感染者であることを証明するのが最初になってくるでしょう。一次感染者の要件は定められているため、母親が証明要件を満たしていることを確認していかなければいけません。自分自身もB型肝炎ウイルスに持続感染していることを証明するのも同時におこなっていくことになるでしょう。これらをすべて満たして初めて給付金請求の要件を満たしますが、証明するのは実際に簡単なことではありません。

そのうえで裁判所に提訴することになってきますが、弁護士に依頼するというのが一般的です。自分自身でもできますが、実際に訴訟を起こすのは簡単なことではありません。さまざまな知識も必要になり、手間もかかります。慣れた人であれば問題はありませんが、そういった人は少ないでしょう。弁護士に依頼すれば、こうした問題はすべてクリアできますので、まずは相談してみるのがポイントです。


母子感染と給付金

注射B型肝炎は、集団予防接種のときに注射針を使いまわししたことが大きな原因となって、感染を拡大していきました。この経路で感染した方を一次感染者と呼びます。B型肝炎に対して、注射針という直接的な要因で感染した方を指していますが、B型肝炎給付金の支給を受け取れるのは、わかりやすいところでしょう。この一次感染者の方から広がった二次感染者に関しても受け取りが可能ですが、二次感染者とは母子感染を指しています。

大きな社会問題となりましたが、母子感染者とは、母親がB型肝炎の一次感染者だった場合に置きました。母親から子どもへと感染経路が拡大した状況で、生まれた段階からB型肝炎に感染してしまっています。経路を調べてみたら、母親だけではなく、兄弟を含め家族がみなB型肝炎に感染してしまっているといったケースも数多くみられるほど、多くの感染者を生み出したのです。

当然ですが、その原因は集団予防接種にあることから、給付金の支給ができるようになっています。自分と母親以外でも、兄弟全員で訴訟を起こすことになりますが、母子感染が原因になったことを証明しなければいけません。給付金のネックとなる部分ですが、弁護士に依頼すればかなりスムーズに進めることができるでしょう。


B型肝炎の母子感染

お母さん浸透ということでも、さまざまなメディアで取り上げられるようになり、B型肝炎はかなり知られるようになりました。条件次第ではありますが、B型肝炎になった経路によって、国から給付金の支給を受けることも可能です。条件として重要なのが、昭和23年から63年あたりに集団予防接種を受けた経験があるというところです。この集団予防接種が原因でB型肝炎に感染してしまったようなケースは、給付金を受け取ることができる可能性が出てきます。日本でB型肝炎の感染者が急増して行きますが、背景に注射針の使いまわしがありました。今ではまず行われていないことですが、当時はまだ当たり前だったからです。

現代では、注射針の使いまわしは考えられなくなり、使い捨ての注射針を使うようになりました。今ほど衛生管理に関して気をつけていなかった時代であり、感染などの問題も意識されていなかったのです。結果として大勢のB型肝炎感染者をだしてしまう結果となり、母子感染といった問題まで発展していくことになります。

一次感染者から母子感染である二次感染者であっても、給付金の請求ができるようになっています。B型肝炎の母子感染は大きな問題であり、見逃すことができません。給付金の請求に関して言えばさまざまな知識も必要になりますし、時間も必要になってくるのがポイントです。さまざまな条件下で請求ができるようになっていますので、参考にしながら進めてみるといいでしょう。